大迫 淳英

Jun-ei Ohsako PROFILE

「福岡教育大学総合文化科学課程芸術コース音楽専修を卒業。 イタリア・ミラノ、チェコ・プラハ、またルーマニアで研鑽を積む。皇太子殿下ご夫妻(現 今上天皇と皇后陛下)の御前において演奏。またベルリン・フィル ヴァイオリン・アンサンブルの日本ツアーにソリストとして出演。

「ななつ星in九州」のテーマ曲を演奏するヴァイオリニストとして2013年にCD「ななつ星」をリリース。「ななつ星in九州」の音楽演出をプロデュースし、運行開始から2018年2月まで389回の「ななつ星」乗務を担当。運行開始から最初の305回(3年と半年)は連続で全ての運行に乗務。年間200日以上をななつ星の中で過ごす。 2016年4月より日本テレビ系CSチャンネル・日テレプラス「鉄道発見伝〜鉄兄ちゃん藤田大介アナが行く!〜」のテーマ曲を担当。2016年にCD「Sound Cruise Journey」をリリース。「本場大島紬大使」を委嘱される。鹿児島県姶良市「姶良ふるさと大使」委嘱。2016年より全国コンサートツアー「サウンドクルーズコンサート」を展開。2016年にCD「PlusOne」を発売。JALの機内誌SKYWARDにて紹介される。世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」をテーマにした音楽物語「祈りの島」〜カクレキリシタンの物語〜を制作。ハリウッド映画「Gehena」の音楽を担当し映画の世界へも進出。2017年4月長崎電気軌道のリニューアル車輌310号「みなと」(水戸岡鋭治デザイン)のテーマ曲を作曲。2018年10月より九州朝日放送「アサデス。KBC」の音楽をプロデュース。「はじまりの空」を制作。2019年に城山ホテル鹿児島のテーマ曲をプロデュース・制作。2019年4月に就航した新型海賊船「クイーン芦ノ湖」(水戸岡鋭治デザイン・箱根観光船)のテーマ曲をプロデュース。

2019年に「赤とんぼ」や「川の流れのように」など日本の名曲を収録したCD「心の旅」をリリース。2020年9月初のクラシックアルバム「草枕」を発売。クラシックCDチャートで第1位を獲得。2020年11月に富山県・櫛田神社の四季を彩ったCD「雪光風火」を発売。またYouTube「おとたびチャンネル」を開設。大迫淳英の世界を発信。 2019年11月から運行を開始した豊島区「IKEBUS(イケバス)」のテーマ曲をプロデュース。 2021年4月に水戸岡先生デザインをフィーチャーしたCD「Don Hearts」をリリース予定。

現在は、東急THE ROYAL EXPRESSの音旅演出家として、テーマ曲をプロデュースし、旅の創生を担当。 またJTBロイヤルロード銀座 夢の休日「感動の響き」アンバサダーに就任。これまでになかった新しいカテゴリーの旅をプロデュース。JTBの旅行商品として、大迫淳英プロデュース<夢の休日>〜音楽が寄り添う旅〜「感動の響き」を発売。

 

DISCOGRAPHY

こころの旅
JUN-EI PLUS ONE
Sound Cruise Journey Jun-Ei Ohsako
ななつ星オンラインショップへ

Jun-ei PROJECT

大迫淳英のプロデュースする作品は、単なる芸術作品ではありません。

大迫淳英のプロデュースする作品は、単なる芸術作品ではありません。

「ななつ星 in 九州」の音楽演出プロデュースを担当し、実際に列車に乗って創り上げてきた経験を活かし「旅と音楽」をテーマに、「観光ツール」として、また「地域振興のプログラム」として機能するものです。

地域の方々(市民・行政・企業)と一緒に取り組み、その地域に実際に何度も訪れ、調査・研究を重ね創り上げます。最終的には「地域の方々が自分達の音楽」と感じていただけるようになるプロデュースを行います。どの地域においても2次的な作用をもたらし、地域の方々にメリットが生まれるような取り組みです。

また「音楽による環境整備」を提唱し、効果的な音楽の活用方法などもアドヴァイスし、総合的な演出プロデュースを行っていくものです。 これを多方面にも応用し、企業の宣伝広報ツールとして、またブランディングの構築をご提供するプランもご提供いたします。

ふるさと九州プロジェクト

九州の魅力を音楽で発信するプロジェクトです。これまでに大分「ゆふいんの風」、鹿児島「鹿児島マラソン」、熊本「熊本地震復興・ヒゴタイの咲く丘」、長崎「世界遺産五島推進プロジェクト」などを手がけています。

長崎 - NAGASAKI
世界遺産五島推進プロジェクト

世界遺産候補である教会群に出会ったとき、私の中に一つの違和感が生じました。教会は今も祈る方々がいて、生きていている教会、継承してゆかなくてはならないものであり、「遺産」をいう言葉に覚えた戸惑いでした。長崎の教会群の素晴らしさは、そこに至る歴史、人々の想いがあっての事。その心が感じれる音楽物語を制作し、その教会で聴いてもらうことで、世界遺産に感動をもたらしたいという想いによるものです。

大分 - OITA
ゆふいんの風プロジェクト

ななつ星の由布院駅停車時に開催しているコンサートの77回記念で由布市・湯布院温泉観光協会に「ゆふいんの風」を贈りました。同時に制作した「ゆふいんの光」に歌詞を付ける活動を、由布院駅長と企画。湯布院の子どもたちからキーワードを募集し、子どもたちの想いを歌にのせます。100回記念コンサートで発表をする予定です。

鹿児島 - KAGOSHIMA
鹿児島マラソンプロジェクト

鹿児島マラソンの折り返し地点は私の故郷・姶良市です。2016年は公式サポーターとして、イメージ曲をプロデュース。スポーツの行事であるマラソンを、音楽でアピールする活動です。

熊本 - KUMAMOTO
熊本地震復興応援プロジェクト

熊本地震の第一波が来たとき、大迫淳英は熊本に停車中の「ななつ星」に乗務中でした。それを境に訪れることができなくなった阿蘇や産山を舞台に応援曲をプロデュース。 その産山にはひっそりと「ヒゴタイ」(絶滅危惧種に指定)という花が咲きます。その強くしなやかな様が熊本の人々に重なり、時空を越え、復興への希望を音にします。

演出・プロデュース

ななつ星 in 九州
SEVENSTARS in KYUSHU

JR九州クルーズトレイン「ななつ星in九州」の音楽演出をプロデュースし2018年2月までオペレーションを担当。「ななつ星」テーマ曲をプロデュースし演奏するヴァイオリニストとして実際に乗務してきた。 運行開始の2年前からアドヴァイザーとして、運行開始後は4年半のオペレーションを担当し、387回の営業運行でお客様に感動を届けてきた。 大迫淳英は通算6年あまりの業務を実施してきた中、2013年の運行開始より305回の連続業務(3年半)を行い、2018年2月25日に博多駅で列車を降りるまで336回に乗務した。

THE ROYAL EXPRESS
THE ROYAL EXPRESS

東急電鉄「THE ROYAL EXPRESS」(横浜駅〜伊豆急下田)の演出プロデューサーとして、「美しさ、煌めく 旅。」というコンセプトを創生。 新たな旅を演出します。観光列車を文化にするプロジェクト。

Jun-ei BRAND

鹿児島の特産品を世界にアピールするための大迫淳英プロデュースブランドです。 工芸品は使って初めてその良さを感じる事ができます。これまでその素晴らしさに触れることが無かった人々に、新たなアイテムとして取り入れてもらえるライフスタイルを提案するのがJUN-EI BRANDです。

FAN CLUB

「ななつ星in九州」のヴァイオリニスト「大迫淳英」のオフィシャルクラブ。
大迫淳英にあなたが加わることで感動のシーンが生まれます。そして、このファンクラブ「Plus One」ではステージやテレビでは見ることができない、あなただけの大迫淳英を感じていただけます。 あなたのご入会をお待ちしております。

会員特典

メンバーズカードの発行

入会特典グッズ

その他

  • 大迫淳英の情報(刊行物、会誌等)を発行予定(年4回:会誌2回・会報2回)
  • バースディカード、クリスマスカード等
  • 大迫淳英さん参加で行われるメンバーオンリーイベント
  • コンサートの優先予約 など
入会金および年会費

入会金1,000円+年会費4,000円=合計5,000円(発行物などの都合上、会費は一括払いのみとさせていただきます)

入会手続き

下記、入会フォームに必要事項を記入して、郵便局で5,000円をお振込下さい。郵便振替以外の方法で送金されても、一切受付いたしませんのでご注意ください。(万一、トラブルが起きましても責任は負いかねます)一旦、納められた入会金、年会費の返金には応じられませんので予めご了承下さい。

会員規約

大迫淳英オフィシャルWebサイト掲載しています。サイト内の会員規約をお読みください。入会の時点で規約に同意されたものとみなされます。

会費のお振込み方法

郵便局の青い払込み用紙をお使いになりお振込み下さい(郵便局のATMからでもお振込みいただけます)

■口座番号 00150-3-324152
■口座名 Jun-ei Plus One
■通信欄 年会費

※上記をご記入の上、5,000円(入会金1,000円+年会費4,000円)をお振込みください。
※控えは大切にお持ちください。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

性別 (必須)
男性女性その他

郵便番号

住所

電話番号

メールアドレス (必須)

職業

生年月日 (必須)
西暦

 

大迫淳英オフィシャルサイト「Jun-ei Plus One」

Copyright © OTOTABI Co.,Ltd. All Rights Reserved.

オフィス
105-0004
東京都港区新橋1-12-9
A-PLACE 新橋駅前 8F
OTOTABI株式会社

Tel. 03-6457-9491
Fax. 03-6332-8973
Mail. info@ototabi.co.jp

PAGE TOP