Profile

音旅演出家Ⓡ・ヴァイオリニスト 大迫淳英 プロフィール

福岡教育大学総合文化科学課程芸術コース音楽専修を卒業。 その後、イタリア・ミラノ、チェコ・プラハ、ルーマニアで研鑽を積む。皇太子殿下ご夫妻(現 今上天皇と皇后陛下)の御前において演奏。またベルリン・フィル ヴァイオリン・アンサンブルの日本ツアーにソリストとして出演。

2013年にCD「ななつ星」をリリース。JR九州クルーズトレイン「ななつ星in九州」の音楽演出をプロデュース(2012年の企画段階からアドバイザーとして携わる)し、運行開始から2018年2月まで389回の「ななつ星」乗務を担当(運行開始から最初の305回まで3年と半年の期間は連続で全ての運行に乗務)。年間200日以上をななつ星の中で過ごす。 2016年4月より日本テレビ系CSチャンネル・日テレプラス「鉄道発見伝〜鉄兄ちゃん藤田大介アナが行く!〜」のテーマ曲を担当。2016年にCD「Sound Cruise Journey」をリリース。

「本場大島紬大使」を委嘱される。鹿児島県姶良市「姶良ふるさと大使」委嘱。

2015年より世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」をテーマにした音楽物語「祈りの島」〜カクレキリシタンの物語〜を制作を開始(2021年に完成)。2016年より全国コンサートツアー「サウンドクルーズコンサート」を展開。2016年にCD「PlusOne」を発売。JALの機内誌SKYWARDにて紹介される。ハリウッド映画「Gehena」の音楽を担当し映画の世界へも進出。2017年4月長崎電気軌道のリニューアル車輌310号「みなと」(水戸岡鋭治デザイン)のテーマ曲を作曲。2017年運行開始した東急THE ROYAL EXPRESSの演出に企画段階から携わり2017年7月に運行開始。2018年10月より九州朝日放送「アサデス。KBC」の音楽をプロデュース。「はじまりの空」を制作。2019年に城山ホテル鹿児島のテーマ曲「SHIROYAMA STOYR」をプロデュース・制作。2019年4月に就航した新型海賊船「クイーン芦ノ湖」(水戸岡鋭治デザイン・箱根観光船)のテーマ曲をプロデュース。2019年に「赤とんぼ」や「川の流れのように」など日本の名曲を収録したCD「心の旅」をリリース。2019年11月から運行を開始した豊島区「IKEBUS(イケバス)」のテーマ曲をプロデュース。2020年3月、水戸岡鋭治氏のドーンデザイン研究所50周年を記念し水戸岡鋭治デザインをオマージュしたテーマ曲「Don Hearts」を制作し水戸岡氏に寄贈。2020年9月初のクラシックアルバム「草枕」を発売。クラシックCDチャートで10週間・第1位を獲得。2020年11月に富山県・櫛田神社の四季を彩ったCD「雪光風火」を発売。またYouTube「おとたびチャンネル」を開設。大迫淳英の世界を発信。 2021年4月に水戸岡先生デザインをフィーチャーしたCD「Don Hearts」を水戸岡鋭治氏とともにリリース。

現在は、東急「THE ROYAL EXPRESS」の音旅演出家として、テーマ曲をプロデュースし、旅の創生を担当。

JTBロイヤルロード銀座 夢の休日「感動の響き」アンバサダーに就任。これまでになかった新しいカテゴリーの旅をプロデュース。JTBの旅行商品として、大迫淳英プロデュース<夢の休日>〜音楽が寄り添う旅〜「感動の響き」を発売。

2021年10月よりFMラジオ番組「音旅演出家Ⓡ・大迫淳英 Sound Cruise Journey」のパーソナリティを務める(エフエムたちかわ・毎週木曜日20時から放送。番組はListenRadioアプリで全国どこからでも聴取可能)。